家族葬なびTOP > 家族葬とは

家族葬とは

家族葬とは家族葬とは、近親者を中心に親しい人たちが集まってお別れをする葬儀スタイルのこと。90年代後半から使われるようになった造語なのですが、「温かみのあるイメージがする」「優しい響きがする」など、一般に受け入れられやすいネーミングであるためか急速に使われるようになりました。最近ではお客様のほうから「家族葬にしてください」との要望が出ることも多く、すっかり浸透してきた感じがします。

ただ、名称ばかりがひとり歩きしている部分もあり、「家族葬はどういう葬儀ですか?」という質問も多いよう。宗教色なしで行うスタイルや、火葬のみの葬儀を想像している人もいるのですが、家族葬は宗教形式や葬儀形態を表すものではありません。一般の葬儀の小型版という捉え方のほうが適当で、多くの場合、通夜や葬儀・告別式といった一連のセレモニーは通常どおり行います。家族葬に参列する人は、いわゆる「おつきあい」程度の弔問ではないため、火葬場まで一緒に同行するケースが多いようです。

少人数といっても規模の解釈は人によって異なり、家族だけが集まって行う場合もあれば、家族や親戚のほかに、友人・知人を加えた50~60名前後の人が集まることもあります。日頃のお付き合いの度合いによって、また故人や遺族の意向によって家族葬の規模は異なってきます。

ページの先頭に戻る

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

いい葬儀 お客様センター 0120-393-100